1. ホーム
  2. ボス戦攻略
  3. ようがんげんじん

ようがんげんじん

基本データ

ステータス

HP MP 攻撃 守備 素早 EXP G 落とすアイテム(確率)
420 0 90 60 21 350 250 まほうのせいすい(1/16)

呪文などの有効率

ダメージ系
  • メラ
  • ギラ
  • イオ
  • ヒャド
  • バギ
  • 吹雪
  • たいあたり
状態異常系
  • ラリホー
  • マヌーサ
  • マホトーン
  • メダパニ
  • マヒ
  • 1ターン休み
低下系
  • ルカニ
  • マホトラ
即死系
  • ニフラム
  • ザキ
  • メガンテ
  • 太字:確実に効く
  • 黒字:よく効く
  • 灰字:あまり効かない
  • 灰字:効かない

特性

  • (なし)

行動

戦う場所

攻略法

死の火山で「ほのおのリング」を取ろうとすると3体で出現。「かえんのいき」を容赦なく吐き、全体に40~60のダメージを与えてくる難敵です。この時点では火炎系に強い装備品も少ないので、仲間モンスターの火炎耐性や眠り・混乱系の特技が役立ちます。また、馬車が入れる場所で戦うので、HPが危なくなったキャラは馬車の仲間と交代するなどして、パーティ全体をうまく活用して戦いましょう。

おすすめの仲間モンスター

スライムナイト
火炎系に対して強い耐性があり、「かえんのいき」で1/3程度のダメージしか受けません。攻撃力も高く、ベホイミで回復もできるので、このボス戦では必須といえるキャラクター。ピエールとアーサーの2人がいればベスト。
ドラゴンキッズ
やはり火炎系のダメージを1/3にする耐性があります。さらに「あまいいき」を吐いて、ようがんげんじんをまとめて眠らせることができる優秀な仲間。
エビルアップル
火炎系に耐性はないものの、バギマを使ってようがんげんじん3体にまとめてダメージを与えられます。主人公のバギマと合わせれば早期決着が可能です。
クックルー
ラリホーやメダパニでまとめて眠り or 混乱状態にすることが可能です。
おばけキノコ、ダンスニードル
「ねむりこうげき」を使えるので、攻撃と同時に眠り状態にすることが可能。おばけキノコは「あまいいき」でまとめて眠らせることもできます。
おどるほうせき
同ダンジョンで仲間にできるモンスター。火炎系に対して完全耐性があり、「かえんのいき」がまったく効きません。最初からメダパニも使えますが、いかんせん賢さが低くて思い通りに動いてくれないのが難点。

戦い方

攻撃重視で戦うならバギマで

ようがんげんじんに最も効果が高い呪文はバギ系です。主人公とエビルアップルがともにバギマを唱え続ければ、3体まとめて大ダメージを与え、6ターン前後で倒すことも可能です。残り2人はスライムナイト、ホイミスライム、ビックアイなどにして、ベホイミで素早く回復できるようにしておくこと。火炎系に耐性のない仲間は「マジックシールド」や「てつのたて」を装備して、「かえんのいき」で受けるダメージを少しでも減らしましょう。

眠りと混乱で「かえんのいき」を防ぐ

確率は高くないものの、ようがんげんじんには眠りと混乱が効きます。ドラゴンキッズの「あまいいき」やクックルーのラリホー、メダパニなどで状態異常にすれば、「かえんのいき」を吐かなくなり、安全に戦えます。「あんみんまくら」も眠り効果がありますが、対象が1体のみなので、なるべく呪文や特技を使った方がよいでしょう。上述のバギマを使える2人(主人公+エビルアップル)+スライムナイト+ドラゴンキッズでパーティを組めば、攻撃・補助・回復ともにバランス良くこなせて有利に戦えます。

データ(キャラクター)

メインキャラ

NPC

モンスター

データ(アイテム・特殊能力)

アイテム(装備品)

アイテム(装備以外)

特殊能力

スポンサードリンク